Calms blog

CALMSブログ

「死ね!」という言葉の代わりに

「死ね!」

 という言葉はあまりに凶器性が高い。

 本当に思い詰めて自棄になっている人に言ったりすると自殺のきっかけになってしまうかもしれないし、偶然にせよ言った後にその人が事故などで亡くなってしまうと言った方も罪悪感が一生つきまとう。

 しかし、どうしてもそういう言葉を言ってしまいそうな人も世の中にはいるようだ。

 だったら次善策として、せめてもう少し殺傷力を低めた言葉にすべきだと思う。

  1. 「砕け散れ!」
    • 人間も実際砕けたら死んでしまうが、無機物感を出せば生々しさが減って受け手のダメージが少ない
  2. 「落ちろ!」
    • 実際に落ちたあとどうなるかは想像の自由であり、言う方がいくらでも想像で補完して怒りの矛先を納めることが出来る ※相手が何らかの試験を控えていた場合致命傷になりうるため注意が必要だ
  3. 「生命機能停止しろ!」
    • これは言葉を言い換えただけだが、1と似て機械感があるためダメージを軽減出来る
  4. 「お前もう諦めろ!」
    • 何が、とは言わないし、言われた方も何が? と思う。けど誰だって思い当たるようなことが一つや二つあるため、地味にダメージを与えられる。あなたが性格の悪い人であれば直接的な言葉よりこっちの方が後々まで楽しめるためおすすめする。一応、死ねと言うよりは受け手のダメージは少ないはずだ。
  5. 「死ぬ!」
    • むしろ自分が! という潔さ。後の展開が読めずドラマ性が高い点が評価できる。
  6. 「フェッフェフェーイフェイフェイ!!!」
    • もう自分でも意味がわからないがとりあえず相手をバカにしている意図は伝わるし、相手もとりあえずいらっとくるため攻撃性はあるといえばある。フェ、じゃなくてフォ、にすればさらにいらっとする。

 さて、いかがだっただろうか。お気に入りの代替手段は見つかっただろうか。

 え? あぁ。

 うん、わかっている。

 ここまで来て、「大事なものが足りていないだろ!」という人がいることは把握している。嘘ではない。

 あなたが期待していたのは

f:id:calms:20110418195451j:plain

 だろう。

 しかし、これは相手が自分と同類であることを確かめる呪文であって、現実世界では死ねの代替にならないと説明すれば、きっと納得してくれると信じている。

※参考 http://oozoraxx.blog134.fc2.com/blog-entry-497.html