Calms blog

CALMSブログ

『すみません・ありがとう置換法』

 

 数ヶ月経つと忘れてくるので、ふとした瞬間に思い出して気をつけるようにしています。

 

 日常の中で「すみません」と言う機会ってすごくあります。でも、それって結構な数が「ありがとう」とも言い換えられるんですよね。

 

 置換出来るのは、相手に何かしてもらった時の「すみません」。

 この「すみません」は「恐縮です」という意味で、「ごめんなさい」とは少し違う。厳密に言えば「お手数おかけして申し訳ありません」みたいな感じで「ごめんなさい」っぽいけど、実はその後に

「お手数お掛けして申し訳ありません。助かりました」

 とか

「お手数お掛けして申し訳ありません。ありがとうございました」

 といった言葉が続くのが自然です。

 

 でも、そこまで堅い関係じゃなかったり、すれ違いレベルの人だったりすると、「すみません」と言うとそこで完結してしまって次の言葉が出てきません。暗に感謝を伝えてはいるのだけど、それがなんとも奥ゆかし過ぎて相手の心まで届かない。

 

 善意でやった行為で相手が恐縮してしまうと、逆にこっちも恐縮してしまうものです。そうすると、いいことしたはずなんだけどなんか釈然としません。

「おせっかいだったかなー」

 なんて人によっては(ちょっとくらいでも)思うかもしれない。

 

 だから、そういう時は素直に「ありがとう」と言えるように気をつけます。

 「ありがとう」と言われたら、素直に嬉しいです。難しくいえば承認欲求が満たされる、ということで、つまり嬉しい。

 

 感謝しているときは、「すみません」ではなくて「ありがとう」。そうした方が、たぶんきっとみんな幸せだと思ってる。