Calms blog

CALMSブログ

「当たり前のこと」を知らないのは誰も教えていないからじゃ?

 

 ここ数年は年度が始まると毎年のように「こんなびっくりな新入社員がいる。これだからゆとりは」みたいな話題が出ますよね。

 で、その中には「大人としての常識が無さ過ぎる」みたいなのもありますが、それってその新入社員が悪いんじゃなくて、結局その彼・彼女に大人が誰も教えてこなかったっていうことなんじゃないかなーと。

 直接教えることもなければ、行動でお手本を示すこともしない。それでいて「なんでそんなこともわからないんだ!」っていうのはちょっとひどいかなって。

 

 堂々と信号無視するし、国会の華とかいって会議中に騒いだりするし、正直どの大人をお手本にするのが正しいのかって今の世の中むつかしい。そんな状態だからこそ、大人の子供に対する役割をちゃんと意識的に果たさないといけないんじゃないかなーと思うのです。

 

 自分が知らないうちにどこかの子供のお手本になっていることもあるかも。少なくとも公共の場では、大人の人はいつも子供に見られているつもりで行動すべきだと思う。

「お天道様が見ているよ」

 なんて慣用句もあるけれど、もっと近くで見ている人もいる。