Calms blog

CALMSブログ

就活TIPS:面接で答えられないといけない大事な質問

 

 今の就活では何十社と選考を受けることも珍しくないと言いますが、そんなに多くの会社を相手に面接を詰め込んでは企業研究がまともにできなくなってしまいます。

 

 薄く多く受けるより、深く絞って受ける方が内定しやすい。

 

 というのは多くの人が言うところです。「数打てば当たる」という可能性はゼロではないものの、「浅い学生」を採用担当者がどれだけ欲しいと思うかは・・・ね。

 しかし、ちゃんと企業研究をしようと思ってもやり方がよくわからない学生さんもいるでしょう。

 そんなあなたにオススメするのは、面接官の次の質問に答えられるようにすること。

 

「弊社と同じ業界にXX社さんがありますが、なぜXX社さんではなく弊社を志望するのですか?」

 

 これは、志望動機を聞く質問としてはかなり本質を問うたものです。

 とにかくたくさんの会社を受けている学生さんの志望動機は、どうも同業他社でも同じ志望動機が書けてしまうようなものが多いかと。

 例えば「自分のXXという能力を活かした仕事がしたいから」とか、「XXという仕事を通して多くの人に貢献したい」とか、とにかく抽象度が高いのです。そうなると、面接官が上記の質問をしなかったとしても、内心では「それならあっちの会社でも良いと思うんだけど・・・」と思っていても不思議ではありません。

 企業側としては、多少能力が劣っていたとしてもやる気のある学生を採りたいはずです。それは、現在の能力よりもこれからの成長に期待しているからです。

 志望動機が抽象的な学生は熱心さに欠けて見えてしまいます。逆に、その会社の特色をうまく捉えた上で「ここじゃないと駄目なんです!」と主張する学生は、入社後も精一杯努力してくれそうです。

 

「弊社と同じ業界にXX社さんがありますが、なぜXX社さんではなく弊社を志望するのですか?」

 

 この質問に答えるためにはその会社の業務内容を把握した上で、同業他社との違いを明確に把握する必要があります。

・業務内容

 同業他社と違い、その会社でしか出来ない仕事があるかどうか。

 企業市民活動に取り組んでいるならその内容も。

・理念

 ホームページやパンフレットに大きく書かれている会社の理念。とても重要で、その会社の本質を表している場合もあります。

 特色のある理念を打ち出している会社であれば要チェック。

・製品/サービス

 つまりはその会社の商品。その商品は同業他社と比べてどう優位なのか。

 ここに特徴がある会社であれば、調べられるだけ深く調べられると良いです。そして、わからないことがあれば面接などで聞いてみます。そうすることでかなり深い質問が出来るようになります。

 

 上記のものは僕の思いつきで挙げたものなので参考程度に。

 

 この質問の答えを探すというのは、その会社の強みを探すということにもつながります。

 なので、まったく答えられそうにない・・・という会社を受けるのは僕はあまりオススメしませんです。。。

 答えるためには同業他社も調べる必要があるため、受ける予定の会社について答えを探していて「あれ、こっちの会社の方が良いじゃん」と初めて気付くこともあるかもしれません。

 そういう気付きを得るためにも、この質問に対しては常に答えられるよう準備したらいいと思うなーと僕は思います。

 


 関連記事:

 就活TIPS:用意するのは成功エピソードじゃなくて失敗エピソード