Calms blog

CALMSブログ

悪戯ちょうちょ(綾瀬マナ)

悪戯ちょうちょ

 好きな物はピアノ。それと…あの子。凛々しい容姿とは裏腹に情熱的な内面を持つさくら。ピアノにかける激しすぎる熱意を胸に、伝統ある音楽の名門女子校へ進学。そこには、さくらが幼少期から「特別な想い」を抱く幼馴染、なのはもいた。音楽を通じ深まっていく二人の絆、同時に焦がれる程に強くなるさくらの想い。儚く、そして切な過ぎる恋心とピアノへの情熱が今溢れ出す――。音楽の園で二人の少女が奏でる幻想的で情熱的な「究極の片想い」物語。

 

 師事する人もなく、作曲家の意図を全く無視した演奏をするさくら。そんな異端な彼女が名門の音楽校へ入学し、運命的な"再会"を果たします。

 彼女らの学校では、優勝者に海外の音楽学校へ学費免除で留学出来る権利をかけた学内コンクールが毎年実施されます。当初はコンクールに興味がなかったさくらですが、「ひたすらピアノを弾きたい!」という想いだけで、2年生、3年生にしかエントリー資格がない学内コンクールへ隠れてエントリーすることを思いつきます。

 

 軽くて、それでいて繊細なタッチの絵柄の中で、キャラクターの表情が活き活きと表現されるこの作品。帯もあらすじも完全に女の子同士の恋(いわゆる百合)の要素があるとわかるものですが、普段読まない雰囲気の作品が読みたくて手に取りました。

 この悪戯ちょうちょのテーマはまさしく「音楽」と「恋」。主人公であるさくらが抱く想いは常識的に考えて報われるものではなく、そのために彼女の中で渦巻く感情がそのまま彼女の音楽として表現されます。この空気感を男女の恋愛物語で出すのは相当難しいんじゃないかな。

 物語自体もコンクールへのエントリーを巡って、序盤から大きな山場があります。様々な感情が行き交う中で強烈な感情と音楽で困難を乗り越えるストーリーは、少年漫画の強敵を打ち破る展開に似た高揚感がありました。

 現時点では2巻まで発売されています。1巻では駆け抜けるように。そして2巻では二人の出会いのエピソードやさくらの成長など、これからの展開を期待させてくれるエピソードが描かれています。

 独特ですが親しみやすい絵柄で、僕は結構好きです。

 

 双葉社のサイトで序盤を立ち読みすることができるので、絵柄が気になる方は確認してみてください。

 

 「女の子から女の子へ向けた恋心」と「ピアノ」という題材がこの上なくぴたりとはまった良作です。