Calms blog

CALMSブログ

ママレードボーイの続編決定でいろいろ思い出したアレコレ

 

ママレードボーイ続編連載!13年後舞台に弟&妹描く

 

 このニュースを見て、そういえば昔ママレードボーイを単行本で4、5回(もしかしたらそれ以上)飽きずに読み返していたことを思い出しました。

 でも不思議と話の内容は覚えていなくて、ラストの展開と、あとは「アップで撮ると不細工になる」とか「鹿公園で鹿が襲ってくる」とかそういうちょっとしたシーンしか覚えていない。むむむ、なぜだ。

 

 そこで思い出発掘を進めてみると、同じ吉住さんの作品でもっと好きなものがあったことを思い出しました。

 

森ノ宮学園に転校してきた女の子・南野のえる。なんと彼女は双子の姉・まりあの恋を妨害する為にやってきた正真正銘の男の子だった! ドキドキ・学園コメディ!!

 

 ミントな僕ら。双子で女装ものと、ありそうであったような、なかったような。そんな作品。今読んでも面白いと思います。

 新品を探すのは大変ですが、中古だと数百円で全巻揃えられるようです。ちょっと欲しいなどうしよう。

ミントな僕ら 全6巻完結(りぼんマスコットコミックス ) [マーケットプレイス コミックセット]

 

 亜由は架地くんに片思い中のフツーの女の子。そこへ自分の事を魔女だという「フツー」じゃない女の子・仁菜が出現。そして亜由と仁菜の不思議な毎日が始まった……。

 

 そしてウルトラマニアック。実はこれも話の内容はよく覚えていなくて、Amazonのあらすじを読んで「こんな話だったっけ・・・」状態。

 でも「かっこいい女の子と可愛い女の子が出てきた話」というぼんやりとした記憶があって、なんとなく好きだったっていうぼんやりした感覚があります。

 これまた中古だと安いです。

ウルトラマニアック 全5巻完結(りぼんマスコットコミックス ) [マーケットプレイス コミックセット]

  でもこの作品はなんとなく新品で集めたい気持ちです。ミントもそうだけど電子書籍化してないのかなぁ。

 

 

 それから少女マンガつながりでなぜか思い出したのはこれ。

 あたし、楓(かえで)。恋の妖精・ミルモと暮らしてるの。ミルモは恋をかなえる魔法を使えるんだけど、ヘソ曲がりで、なかなかお願いを聞いてくれないんだ。ある日、ミルモのところに女の子の妖精・リルムが訪ねてきます。ミルモが好きなリルムは、なんとあたしが片思いしている結木(ゆうき)くんの家に住みついて!?

 

 ミルモでポン。アニメ化してそこそこ広く受け入れられた作品だった気がします。

「みる、みる、ミルモでポン♪」

 というリズムがアニメ化で増幅されていた感じが良かったのかな。それなりに耳に残る。

 作者のひろむさんはずっとちゃおで連載していたのですが、ある日突然絵柄ががらっと変わった気がします。もっと手の込んだちゃお作家さんにありがちなキラキラ目から、あっさりした親しみやすい絵柄にすごく唐突に! 変わったのです。

 普通、絵の変化って徐々になるから気にならないけど、昔は読んでいて「あれっ!?」とけっこう驚きました。・・・変わりましたよね? なんとなくそんな記憶があるけど、他の漫画家さんと勘違いしている可能性もあるからちょっとモヤり。

 

 

 こういうちょっと昔の作品って、なんだかノスタルジーというか、心をふやっとさせる感じがありますよね。

 でも昔の名作ならどれでもそう感じるわけじゃなくて、ドラゴンボールやスラムダンク、H2とかにはあまりそういうものを感じません。H2はママレードボーイより読んでたけど、感じないんですよね。たぶん、ワンピースとかNARUTOとかもこの先感じない気がするなぁ。普通の少年マンガじゃダメなのでしょうか。

 じゃあどんなので感じるかと言えば、天空物語とかポケットモンスターSPECIALとか。天空物語は普通にマンガとしても面白いし、ドラクエ5というゲーム自体がすごく良かったから思い出深いです。ポケスペはやっぱり真斗さん絵の頃が一番好きで、わくわくします。

 知らない人に説明すると、天空物語はドラクエ5の主人公の子供たちを主役にした物語で、ゲームで語られなかった空白の時間を埋めるようなストーリーになっています。ポケスペでは絵を担当していた真斗さんが体調不良により、途中で作画担当の方が変わったのです。真斗さん絵は独特の魅力があって、今も根強いファンの人が多くいます。

(そこでググって見たら、真斗さんページが更新されていますね。真斗さんのホームページ2013。左下メニューの「ログ・公開画」から絵を見ることが出来ます)

 

  そんな感じで、ママレードボーイ続編のニュースから始まって芋づる式にいろいろ思い出した話でした。

 ミントやウルマニは男の人にもお勧めできます。どうぞお試しあれ。