Calms blog

CALMSブログ

コーヒーカップの持ち手に指を通すのはマナー違反

 

 人と食事に行くと、意外とコーヒーカップの持ち方を知らない方が多いことに気づきます。

 

 正しい持ち方はこちらのサイトがわかりやすいです。

 

トム・クルーズ的な指先マナー | ライフスタイル | All About Tips+

※以前のリンク先が無くなっていたため別ページにしました。長いことリンク切れになっていたようです。失礼しました。

 

 要は指を通さずつまむようにして持つ、が正解です。

 慣れていないと持ちにくく感じるので、指を通した方が安定感があるから自然とみんなその持ち方になっているのでしょうか。

 親指と人差し指だけでつまむのではなく、中指、場合によっては薬指の先もちゃんと添えて持つのがポイントです。2本指で無理に持とうとすると落としかねないです。

 「これからはちゃんと持とう!」と一念発起した方は一度家で練習しておくといいかもしれませんね。試すときは水を入れて実際の重さを合わせましょう。

 

 といっても、僕が見てきた限りちゃんと持っている人は本当に少数です。よほど上流階級な場所でなければ変に見られることもないと思うので、これでいーやって人はそれでいーと思います。

(上のサイトでもありますが、映画やドラマなどでチェックしてみるのは面白いと思います)

 ただ、正しい持ち方に慣れると指を通すのは逆に持ちにくくなります。だってよく考えてみてください。持ち上げて、下ろして、その度に指をわざわざ狭いところに通すなんて面倒でしょう? 

 

 もう一つ知名度が低いのはパスタのスプーンでしょうか。

 これはうまく巻けない子供がパスタを巻くときの補助として使っていたものらしいです。本場イタリアで使う人はほとんどいないそう(使う地域もある、という話もありますが、使わないのが大多数)。

 それがどう巡り巡ってか、日本では普通に使われるようになりました。

 日本人はイタリア人ほどパスタを巻くのがうまくないので普通に使う分には問題ないです。僕も普段は使いませんが、スープパスタでは使いますし。

 でもたまに「使うのがマナー」だと思っている人がいるようです。使わないほうが普通なので、マナーを求められるタイミングがあったときに「あれ、スプーンがない!?」などと慌てないようにしましょう。

(昔、中田英寿がイタリアに慣れたという意図で「パスタを上手に巻けるようになりました」といったような発言をしていた気がします)

 

 そんな感じで二つ挙げましたが、みんなが普通に使っている以上、普通に使って問題ありません。言葉の誤用と同じようなものですね。

 ただパスタのスプーンは最近ネットでも目にするようになったので、人によっては「スプーンは実際は子供が使うものなんだよ」とか言ってくるかもしれませんので、そういう輩には対する心構えだけはしておくといいかもしれません。

 コーヒーカップについても、そもそもつまんで持つことを想定していないカップが増えています。指を通す持ち方がスタンダード化しているためですね。そういうカップをつまんで持とうとすると落としかねないので、無理してつまむのもまたやめたほうが良いでしょう。