読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Calms blog

CALMSブログ

他人の幸運に嫉妬するのはフェアじゃない

「なんであいつだけあんなに運が良いんだ!」 あなたはそんな風に嫉妬した経験があるだろうか? 僕はある。きっと、あなたにもある。 明らかに努力の差があれば悔しいながらも納得できたかもしれない。けれど、まったく同じ条件でもより恵まれた結果を得る人…

薬物中毒の原因は薬物の中にない

まだ確定的な研究結果ではないようですが、面白い記事がありました。 gigazine.net この記事によると、これまでの実験などから薬物中毒になるのは薬物に含まれる成分よりも「ストレス」が直接的な原因だというのです。 孤独なマウスはストレスを解消する手段…

ナースステーションとナースコールの微妙な関係

看護婦、という呼称が看護師に修正されたのはいつのことだったでしょうか。 性別を示す呼称が次々と改訂された時期だったと思います。少し過剰反応にも見えましたが、男性もいるのに婦という言葉は確かに不適切なので、納得感はありました。 しかし、それは…

自分が思うほど実は恥ずかしくない

ちょっとしたミスをすると、恥ずかしさを感じます。 例えば道を歩いていて、つまづいて転んでしまったとき。 ちょっとした勘違いでトンチンカンなことを言ってから、間違っていることに気がついたとき。 服の開いてはいけないチャックが開いていることを指摘…

歩くことと生きること

1年前まではとても元気だった年配の方が、いつの間にか寝たきりになっていることがある。 たった1年でここまで人は変わるのか、と驚かされる。 瞳からは生気が抜け、身体はやせ細って、声には張りがない。1年前一緒に坂道を上ったあの人と同一人物であると、…

天皇への直訴に効果はあるか

山本太郎さんが天皇に手紙を渡した -- 直訴事件がありました。まさかこの時代にリアル直訴があるとは・・・ さて、ニュースになっている時点で社会的インパクトはあるけど、ごく単純に直訴状としての効果 -- 天皇に行動を促す効果はあるのでしょうか。 とい…

お金を払う方が偉いという勘違い

商品やサービスの取引の中で、払った側が受け取った側に対して優位に立つと勘違いする人がいる。要は「俺は金払ってんだぞおら!」理論である。理論じゃないか。 人はなぜか、お金を払うと「払ってやった」という気分になるようだ。もう少しわかりにくい言い…

煉獄のやる気スイッチ

◇煉獄のやる気スイッチ 押すと猛烈にやる気が出るスイッチ。ただし地獄の炎に焼かれるような痛みを伴う。 ◇豊穣のやる気スイッチ 押すと農作業がはかどるやる気スイッチ。農家の間では割とポピュラー。 ◇閃光のやる気スイッチ 押すと一瞬だけやる気が出るス…

趣味を仕事にするなって言うのは

趣味を仕事にするなというのは昔から言われますが、それって『仕事にすると思い通りに出来ない』からなのかなぁとふと。 好きなことってこだわりを持ってやりたいのだけど、仕事でやろうとするとどうしても『時間』とか『予算』とかの制約が出てきます。 で…

アル中の人の体質変化の話から人の進化とかを考える

※この記事はある種の思考実験です。断定的な表現をしていても事実に基づかない推察でしかありません。 ----- 今日以下の記事が話題に。 恐怖のアルコール その1 (酢を昼間から飲んでいた酒豪のクラスメートの謎がようやく解けた) 要約すると、こんな感じ。

「当たり前のこと」を知らないのは誰も教えていないからじゃ?

ここ数年は年度が始まると毎年のように「こんなびっくりな新入社員がいる。これだからゆとりは」みたいな話題が出ますよね。 で、その中には「大人としての常識が無さ過ぎる」みたいなのもありますが、それってその新入社員が悪いんじゃなくて、結局その彼・…

独身税の議論から考える「飴と鞭」

http://news.mynavi.jp/news/2013/05/07/034/index.html 以前からたまに言われていた独身税がまた話題になっていました。 簡単な話、少子高齢化対策としてまずは結婚してもらおうという考えから、独身の人に税金をかけてお尻を叩こうという話。あとは結婚し…

「閉じるボタン」がないエレベーター

つい最近までよく使っていたエレベーターには「開くボタン」のみで、「閉じるボタン」がありませんでした。 ちょうどエレベーターの「開くボタン」と「閉じるボタン」のデザインについて話題になっていた頃だったので(※)、そもそも片方しかないというのが…

一年の計は元旦にあり、ということわざの意味を追いかけてみる

一年の計は元旦にあり ということわざ、年明け後にたくさんの人が使っていますよね。 でも、ぱっと見ただけでも、人によって使い方がどうやら違うようなのです。 一つは 「何事も最初が大事だから、年明けから気を引き締めていきます!」 という使い方で、も…

カレー > カツ丼

懸命な読者の皆さんは、このタイトルが 料理の戦闘力 を表したものだとすぐに気付いたことでしょう。 もはや説明するまでもありませんが、ここではあえて初心者向けに、カレーがカツ丼を上回るというのはどのようなロジックによるものか、ステップを踏んで解…

状況判断できていそうで実はまったくできていない僕たちの話

時刻は午前7時を回ったところ。 駅の出口は改札を出て少し歩いたところにあった。出口に立って軽く周囲を見回す。 空は鬱屈とした鈍色の雲で覆われていた。路面のアスファルトは濡れ、ところどころに小さな水たまりができている。行き交う人々は皆傘をさし…

体罰を受けたことのある人にも、今受けている人の苦しみはわからない

喉元過ぎれば熱さ忘れる、という言葉がありますね。 体罰問題が最近ホットな話題ですが、中には擁護派もいらっしゃるようです。愛の鞭的な。 とりあえずここでは愛の鞭と体罰は違うとか、聞き飽きた話題は置いておいて。 苦しかった!って過去形より、苦しい…

『努力が報われる』ということの定義を考える

『努力は報われない』 そういう意見を目にすることがある。 ・死ぬほど練習したけど全国大会に行けなかった ・猛勉強の末、受験に落ちた ・50社面接を受けたけど全部落ちた なるほど、確かにそういう経験をしたなら、報われないんだ! と思ってしまう気持…